高速演算

超高速大型VLBI相関器
各観測局で記録した電波製の観測データを一同に集めて合成処理するための装置です。
超高速大型VLBI相関器

概要

VLBIの観測では、各観測局で記録した電波製の観測データを一同に集めて合成処理をすることによってはじめて電波写真を得ることが出来ます。この合成処理の最初の段階を相関処理といい、相関処理を行なうための専用計算機を相関器と呼びます。相関器は非常に高速な演算が必要なため、専用のハードウェアで構成されます。相関器で合成された観測データから、元の観測天体の画像や、その他の科学的データが得られます。相関器では、16局観測局からそれぞれ8Gbps(合計128Gbps)のデータを入力し、それぞれのデータについて、25万点のFFT演算を行なうことが出来ます。

機能別リスト

お問い合わせ

各お問い合わせページへ
  • 平日10:00より17:00
044-854-8281

開発実績一覧 製品カタログ ダウンロード