高速演算

超広帯域分光相関器
電波干渉計用のデータ処理用専用計算機です。
超広帯域分光相関器

概要

電波干渉計用のデータ処理用専用計算機(分光相関処理装置)です。
世界最高クラスの性能を持つ6素子ミリ波電波干渉計の心臓部とも言える装置で、最大7台の電波望遠鏡で受信したデータの全ての組み合わせについて相互相関およびフーリエ変換演算を行い、電波写真の基本となる1次データを作成します。
それぞれの望遠鏡で生成される4Gbpsのデータを実時間で処理するために本装置は毎秒10テラ回以上の演算能力を持っています。

機能別リスト

お問い合わせ

各お問い合わせページへ
  • 平日10:00より17:00
044-854-8281

開発実績一覧 製品カタログ ダウンロード