通 信

IP回線用インバンドリンガー
IP網を利用して交換機・PBX同士を接続、交換機・PBXと電話機の間をIP網経由で延長することが出来ます。
IP回線用インバンドリンガー

機能

本装置は、交換機やPBX間の接続、および交換機やPBXと電話機間の接続を、IP網経由で延長するための装置です。
交換機・PBX間を接続する場合には、一般には6WのODトランクを利用して交換機・PBX同士を接続しますが、遠隔地にある交換機・PBX同士を接続する場合にはアナログ専用線、もしくはデジタル専用線を経由して接続し、制御情報伝送のためにアナログ専用線用インバンドリンガー、もしくはデジタル専用線インバンドリンガーを用います。
本装置はアナログ専用線や、デジタル専用線の代わりにIP網を利用して交換機・PBX同士を接続します(IPI-OD)。また、交換機・PBXと電話機の間をIP網経由で延長する(内線延長)ことが出来ます(IPI-LTとIPI-CO)

⇒インバンドリンガーに関するお問合せはこちら

導入メリット

拠点間でPBX同士を接続する場合や内線を延長する場合に、従来のようにアナログ専用線、またはデジタル専用線を借り上げなくても、拠点間がビジネスイーサやIP-VPNなどのIP系ネットワークで接続されていれば、これを利用することが出来るため、コストの削減をすることが出来ます。

利用例

  • PBX同士の接続(IP-OD)

PBX同士の接続(IP-OD)

  • 交換機・PBXと電話機の接続(IPI-LT、IPI-CO)

交換機・PBXと電話機の接続(IPI-LT、IPI-CO)

仕様・性能

 機種 IPI-OD IPI-LT IPI-CO
音声通信回線側 収容数 1回線
接続先 ODトランク 加入者線 2線式電話機等
サンプリング 8Ksps 8bit
レベル調整 <送信>-14 ~ +16dB <受信> -14 ~ +16dB
(設定は2dB単位)
エコーキャンセラー 音声通話回線側 近端エコー対応
ダイアル信号 PB/DP10/DP20
呼出信号 - - AC75V 16Hz 正弦波
IP側 インターフェース 100BASE-TX/10BASE-T
プロトコル UDP/IP(独自プロトコル)
音声圧縮 16/32/64Kbpsから選択可能
送信パケット周期 10/20/40/60/80/100msから選択可能
揺らぎ吸収用
受信バッファ
20 ~ 300ms(設定は10ms単位)
その他 接点信号伝送 <入力>4bit <出力>4bit
(接点を伝送しないことも可能)
設定・監視 Webブラウザ/LED
機能追加による
ファームウェア更新
FTP
電源 AC100V±10% 50/60Hz
消費電力 15W以下
温度動作条件 0~40℃
湿度動作条件 20 ~ 80%RH (結露無きこと)
外形 210W×290D×44H[mm](突起物含まず)
重量 2.5Kg以下

機能別リスト

お問い合わせ

各お問い合わせページへ
  • 平日10:00より17:00
044-854-8281

開発実績一覧 製品カタログ ダウンロード